人気の日本アニメ

アニメ博士

色々な人達に向けたアニメ作品

まだテレビが白黒の画面だった時代から、現代まで日本にはとても多くのアニメ作品が生み出されてきました。
現在では、夕方や日曜日に家族で食卓を囲みながら子供たちと一緒に見られるファミリー向けの作品から、深夜帯に放送されるマニアックな作品まで常に多くのアニメが放映されていることになります。
三ヶ月おきでの番組改編期ごとに、入れ代わり立ち代わり別の作品が放映されるので、1クール毎に約20~30本の新作アニメが出てくることになります。
1年を通してみると、長編短編合わせてなんと100本近くの作品が生み出され続けていることになります。
それにしても何故これほど多くの作品が現れてくるのでしょうか?それは、ユーザー層もまた実に幅広く広がっているためです。
まず、人気のマンガや小説を原作としたアニメは昔から主流となっています。
これは、元々の作品のファンの人達をユーザーとして取り込みやすいためであるのと、知名度のある作品なら特に宣伝効果が高いためです。
そして、その元になる作品自体が膨大な数存在しています。
それに、例えば男性向けの作品であったり女性向けであったりとそれぞれの作品が別々のユーザー層に向けた作品となっているため、アニメ作品の数もまた多くなってくるのです。

世界的に評価されている日本のアニメ

日本のアニメは世界でも高く評価されています。
子供の頃、漫画ばかり読んではダメだと親に叱られた経験を持っている大人は多いと思いますが、現在の日本のアニメ文化は子供から大人まで楽しめる娯楽の1つであり、もはや芸術ともいえます。
海外にももちろん漫画文化はあります。
映像にするには色々な機器が必要となってきますが、製作するだけであれば紙と鉛筆だけで足りる娯楽ですので、世界中で発展しています。
にも関わらず、自国の作品よりも日本の作品を愛し、わざわざ海を越えてその文化に触れるために多くの外国人が日本にやってくるのは、日本の作品だけの魅力があるからです。
その魅力とは、バリエーションの豊かさであったり、表現力が優れていることであったりします。
子供の娯楽といいながら、映画館に一緒に行った大人が泣いて、笑って、感動するアニメ作品は海外にはそう多くありません。
三世代がお茶の間で安心して見られるほのぼの系、子供が喜ぶヒーローもの、風刺が利いた作品、女子高生が好きな恋愛ドラマなど、どの世代にも受け入れられる作品が揃っています。
娯楽とは所詮嗜好が偏るものであり、万人に受けるものはありません。
万人受けを狙っていないところがまた日本のアニメの良さとも言えます。

recommend

韓国語が初めての方から日常会話を目指す方まで様々なカリキュラムをご用意しています。

韓国語教室 東京

お台場、隅田川、東京スカイツリー周遊観光に最適の屋形船!

屋形船

世界で活躍できる人材を育てるグローバルコミュニケーション

グローバルコミュニケーション

2018/4/23 更新

Copyright (C) 2015 アニメ博士. All Rights Reserved.