人気の日本アニメ

アニメ博士

アニメの実写化は難しい

近年では映画やテレビドラマの分野で、アニメの実写化が行われることが少なくありません。
その理由としては、作品のタイトルが有名であればある程度の人気が見込めることが大きいのですが、そんなに簡単ではないというのが実際のところです。
確かに制作側の思惑通りに当たる作品はあるものの、不評を買ってしまうものも多く、アニメの実写化は実はとても難しいものだと言えるのです。
その理由としては、アニメとして人気がある作品には多くの熱烈なファンがいるという点を挙げることができます。
そういったファンは配役や作品の舞台、キャラクター設定などに厳しい目を向けることが多く、原作から大きな変更が行われると拒絶する傾向があり、批判的な意見がネットの口コミなどで広がってしまうことがあるからです。
またアニメには現実世界が舞台のものもありますが、SFやファンタジーのように非現実世界を扱うものも多いという点も理由となります。
そういった世界は絵で描かれると映えますが、実写にするとリアリティーがなくなり、チープな印象を与えて不評を買う原因になる場合があるのです。

アニメの実写化を成功させるには

最近では映画やテレビドラマ、演劇などの分野において、アニメを原作とした作品が良く作られています。
そうなった理由としては題材になるもののネタが少なくなっている、原作ファンからの人気を期待する、話題性があるなど様々なものが考えられますが、オリジナル作品を作って大コケするリスクを避けたいという消極的な理由も大きいと言えるでしょう。
しかし既に存在する二次元の世界を実写化するということは、小説のように文字のみで書かれたものを映像化するよりも困難を伴う場合があります。
アニメの実写化を成功させるには、まず原作に対してしっかりと理解し、愛情を持って作品づくりができる人物が指揮を執ることが大事と言えます。
原作を軽視して自分勝手な作品作りをすると、原作ファンにそっぽを向かれることになるからです。
また人気アニメのファンは、実在の俳優が自分の好きなキャラクターを演じることを良しとしない人も少なくありません。
そのためできるだけ原作のイメージに近い俳優を選ぶという点も、実写化の成功のカギを握ると言えるでしょう。

Valuable information

Last update:2017/3/17

Copyright (C) 2015 アニメ博士. All Rights Reserved.